ERの看護師の給料は?

看護師ER求人TOP >> FAQ >> ERの看護師の給料は?

ERの看護師の給料は?

看護師の給料ですが厚生労働省が発表した2013年度の賃金構造基本統計調査データでは、平均年齢が38.3歳で勤続年数が7.5年の場合で平均年収が472.97万円で、准看護師の平均年収は平均年齢が46.7歳で勤続年数が10.2年で約399万円でした。女性の職業に限れば看護師の年収は18位で、トップは弁護士で年収1201万円でした。2位は大学教授の1016万円で3位は女医の884万円で、薬剤師が14位で獣医師が16位と医療系の職業は高めです。

女性の平均年収が約270万円なので看護師の給料は高いと言えますが、同じ看護師でも勤務先によってもかなり格差があります。もちろんキャリアやスキルによっても給料は違ってきますが勤務先が病院であれば、その規模が大きいほど給料も高いのが普通です。その点ではERは病床数が多い大学病院や市立病院などの公立病院や、総合病院でその地域の中核を担っている病院が殆どです。

ただERだからと言って他の診療科と比べて、特に給料が高いということはありません。それでもERに勤務する看護師の場合は何千円かの救急手当や危険手当が付くことが多く、夜勤手当も他の診療科の看護師と比べると回数が多いので給料も少し高めになります。ただERの場合は残業があまりないので残業手当が付かず、規模が大きい病院の一般病棟で働くのとそれほど違いません。

それでも規模が小さい病院と比べるとボーナスも年間に4〜5ヶ月は支給されるのが普通で、夜勤が多いので院内に保育園が完備されていたり、育児休暇などの特別休暇や福利厚生もしっかりしています。結論から言えばERの看護師の給料が、他の看護師の給料と比べて特別に高いということはありません。看護師の給料は基本給に夜勤手当や待機手当や、通勤手当・住宅手当・皆勤手当・資格手当・役職手当・時間外手当などの諸手当がプラスされ支払われるからです。

それでも看護師が不足している病院のERでは残業が多くなり、残業手当が付き給料が高いこともあります。ただERで働くことに誇りややりがいを感じている看護師の方も多く、給料の高い安いだけでは一概に良い悪いは判断できません。もしERの看護師の給料についてもっと詳しく知りたい方はこのサイトに掲載されている、ナースフルやマイナビ看護師のような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの専任の担当者がERの給料についてだけでなく、求人の紹介や採用基準についても教えてくれます。

ERの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※ER>求人ガイド All Rights Reserved.