ERの看護師の初療室での仕事とは?

看護師ER求人TOP >> FAQ >> ERの看護師の初療室での仕事とは?

ERの看護師の初療室での仕事とは?

ERとは「Emergency Room」のことで救急救命室と訳されますが、一般的にはアメリカのER医療制度のことです。日本ではもともと1次医療機関・2次医療機関・3次医療機関と、患者さんの症状に応じて救急車が別々の病院に搬送するシステムが存在していました。アメリカ式のER医療制度を導入している日本の病院では、救急車が搬送して来た救急患者さんを最初に診る場所が初療室です。ERも日本ではアメリカの医療制度のことを指したり、病院内の救急医療科のことを言ったりします。

救急車でERに搬送されて来た救急患者さんは、初療室まで運ばれ症状をある程度まで落ち着かせます。ERの看護師の初療室での主な仕事は搬入された患者さんの全身評価と、医療器具の準備など医師が行う治療の手助けです。そのためには患者さんのバイタルサインを瞬時に判断する、観察力と素早い対処力が欠かせません。また医師をはじめとしたチーム全体が、スムーズに業務が行えるように迅速な処理能力も必要です。そのためには高いレベルでの医療知識や経験が不可欠で、治療の支援だけでなく薬剤の知識も求められます。

また患者さんの症状によって準備する医療器具も異なり、医師が治療する様子を詳細に記録することもERの初療室での看護師の大事な仕事の一つです。さらに気が動転されている搬送された患者さんの、家族の方への症状の説明や支援や配慮もERの看護師の仕事と言えます。ERにはこの初療室が併設されていることが一般の救急外来との大きな違いで、ERに搬送されて来た救急患者さんは初療室で治療や救命処置を受けた後に救命病棟に入院します。また近年では1次医療機関や2次医療機関でも初療室が併設された、アメリカ式のER医療制度を導入している病院が増えてきています。

初療室での看護師の全身評価や判断が患者さんの生命を救うのかの、分かれ目になるので医師が治療している時も次に医師が何を求めているかを瞬時に判断することが大事です。また治療をスムーズに進めるために何を行い、次にどんな薬やものが必要かを考えながら仕事を行っていきます。もしERの看護師の初療室での仕事についてもっと詳しく知りたい方はこのサイトに掲載されている、ナースフルやマイナビ看護師のような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの専任の担当者が初療室での仕事だけでなく、希望されるような条件のERの求人の紹介も行ってくれます。

ERの看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<※ER>求人ガイド All Rights Reserved.